第7回TBFゴルフコンペ[2022.10.12]

 10/12(水)、秋晴れの下、第7回TBFゴルフコンペが市原市のCPGカントリーで開催されました。本コンペには横山、阿蘇谷、武井、大和(以下、敬称略)の4名が集まり、互いにしのぎを削りました。CPGカントリーは創業61年の伝統あるゴルフ場で、高低差ありドッグレックありの、テクニカルで面白味のあるゴルフ場でした。平日11,300円(税昼込)と割安ながら、昼食は美味しく且つボリューミーで総合的に満足感の高いゴルフ場でした。本コンペでは、これまでのコンペと同様、アンダーハンディキャップ(HC)方式による優勝・準優勝の他、ベスグロ、ニアピン・ドラコンが競われました。結果は、前半・後半とも安定したスコアを記録した大和選手が2位に8点の差をつけて初優勝を記録しました。一方、準優勝争い、ベスグロ争いは熾烈を極め、ともに同点による順位決定となる展開となりました。

 個別では、武井選手がニアピン・ドラコン×2の全てを制覇、阿蘇谷選手が個人ベストスコアを記録、横山選手も相変わらずドライバーとパターに安定したプレーを見せました。後半に入り、ニアピン賞が3回キャリーオーバーとなる珍事が発生しましたが、五井駅前の反省会・表彰式(19番ホール)を含め、滞りなくコンペが実施されました。
次回のゴルフコンペは、平尾幹事のもと、11/30(水)、ザ ナショナルカントリー倶楽部(旧千葉廣済堂CC)で開催されます。次回も皆様の多くのご参加を期待しております。
(レポート:大和)

<第7回TBFゴルフコンペ結果>
・大和97(48,49)-HC28=NET71 優勝・BG*1
・武井97(44,53)-HC18=NET79 準優勝*2
・横山111(54,57)-HC32=NET79
・阿蘇谷116(54,62)-HC36=NET80
*1: カウントバック方式による同点解決
*2: ローハンデ順による同点解決

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です