早くも夏!梅雨明け後、第5回IST実施[2022.7.2]

  史上最短の梅雨となりましたが、6月中に梅雨明けし、最高気温が35℃以上の猛暑日が連日続く中、7/2(土)第5回ISTが開催されました。この日は当初より南西の風が吹きあがる予報。リグをどうしようかと迷っていましたが、杉田Capならびに数名が集まり、重量級以外は「ラジアル」で合意し結果正解!また、TBFの旧メンバー、鈴木百合ちゃん、大和さんが顔を出してくれて、さながら同窓会のようでした。
 第1R、リコール艇ありでスタート。佐々木選手は戻りましたが、武井選手は残念ながらOCS。このレース海上エントリーで合流した関根選手がTop、デューク佐藤さんが2位でスタンダード勢が上位に。

 第2R以降、風はどんどん強くなってきますが、風軸は変わらず、前回IST同様、マークの打ち替えなく4Rを実施。土曜日なのでロング目のコース2でポンポンと実施し、最終第4Rのみ時間があったので、コース1となりました。
 第2~第4Rも、関根選手がしっかり走りオールTop。2位も佐々木選手が強さを見せラジアルでTop。
 結果、関根選手が、貫禄の完全優勝。2位は、佐々木選手。3位は杉田Capとなりました。
ちなみに、小生はあまりの遅さに自信喪失!上位争いもあまり見ることが出来ず、落胆しつつ着艇してみると、なんとドレンコックを閉め忘れていて水船状態でした。原因がわかり、ちょっと気持ちが晴れつつ、単純ミスにやはり反省です。皆さんも気を付けてください。  (よ)

<結果> 成績表 ⇒  
1位:関根恒 1-1-1-1( 4点)
2位:佐々木 4-2-2-2(10点)Radial1位
3位:杉田  3-4-3-7(17点)Radial2位
4位:阿部  5-5-5-6(21点)Radial3位

(写真中:2位の佐々木選手コメント。大和選手(左)は運営で参加
写真下:閉会式終了後駆けつけた優勝者関根選手。鈴木百合ちゃんは10年ぶり?のセーリング)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。