低気圧通過後・第3回IST開催[2022.5.14]

 前夜からの前線を伴う低気圧による大雨&強風の影響が朝まで残る中、第3回IST開催が開催されました。朝9時の時点では大雨&強風で赤旗!ただ、天気が回復すれば風もおさまる予報につき、スタート予定時間を遅らせ12時10分頃に定め準備。予報通り雨が上がって出艇しますが、風の方も予報通り落ちてしまいました。ラジアル縛りのISTだっただけにちょっと残念。
 第1R、北西の微風下、スタートラインに対し強烈な追い潮。あっという間にリコールしてしまいそうな状況で、案の定リコール有でスタート。ポートロングなコースに対し、即タックで右海面を攻めた武井選手が1上Top。サイド-下で向かい潮の中、団子状態から見目選手が抜け出し、そのまま逃げ切りTopフィニッシュ。潔さんは残念ながらOCS。
第2R、風が西に回りマーク再設定後、アウター有利でスタート。上マーク回航後、サイドマークを目指しますが、あれ?サイドより下マークが上に見えます。強烈な潮にサイドマークが流されていました。実質ソーセージ2周のコースとなりますが、佐藤潔選手がTopフィニッシュ。
第3R、さらに風が回り南西の風の中、アウター側から本部船向きに流れる潮に逆らいつつアウター有利でスタート。このレースもサイドは機能せず最初から上下2周コース。このレース関根親子が躍進しワンツーフィニッシュ。芳野選手はスタート直前にギリギリ出たそうでOCS。
3Rが終わったところで時間切れとなった結果、混戦のラジアルISTを制し優勝したのは関根Jr、2位は手堅く杉田Cap、3位は関根パパという結果となりました。  (よ)

<結果> 成績表 ⇒
1位:関根巧 6-4-1    (11点)
2位:杉田  2-7-4    (13点)
3位:関根恒 5-8-2    (15点)
4位:佐藤潔 OCS-1-3(16点)
5位:見目  1-10-5  (16点)

(写真中:荒井塾の成果?第1Rトップの見目選手
写真下:レースではライバル!関根親子)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。